BIGLOBEの解約方法をわかりやすく説明します!

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMでの通信は、docomoのLTEという高速回線(375Mbps)を使用しています。速度については、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMにも魅力を感じるのではないでしょうか。この先MOVOや格安スマホの利用しやすい新たなサービスがいろいろと登場してきそうです。

BIGLOBE SIMの通信制限

MVNOすべてで共通ですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしていました。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度を制限した状態で回線を使用することになっていたのですが、この忌まわしき直近3日間での通信制限が廃止となりました。ということで、BIGLOBE SIMには、映画を観たとしても、72時間制限の恐怖に怯える必要はないので、かなり使いやすくなりました!

BIGLOBEスマホとは?

BIGLOBE LTEは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。毎月の利用料金が900円と格安なスマホは高い注目を集めています。BIGLOBE LTEは、docomoの回線網を利用しているので、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。「エンタメフリー」というサービスがBIGLOBE SIM独特のサービスとしてあります。これが本当にオススメ!それは音楽や動画のサービス、YouYube、Apple Music、Amazon Music、Google Play Music、AmebaTVなどが無制限で、通信量の消費がなく気にせずに利用できます!今回は、BIGLOBE SIMのすべてを網羅したつもりです。気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoの基地局を使ったMVNO

BIGLOBE LTEを使用するメリットは料金が格安であることに加え、NTT docomoの回線を使用していることがあげられます。それによって、通話品質も当然ドコモと同じですし、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。しかもドコモのスマホならだいたいの機種でそのままBIGLOBE LTEが使えてしまうんです。BIGLOBE LTEがお勧めするスマホをセットで買って使うということも、当然可能です。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、端末代もいらないので、とってもお安く乗り換えができます。docomoの回線をそのまま利用でき、しかも格安で利用できるのがBIGLOBE LTEなのです。

格安スマホの機種が選択肢豊富すぎる

BIGLOBE LTEを利用する場合対応する端末が必要になりますが、今お持ちのスマートフォンが対応端末でない場合には、お手数ですが、新規でスマホを購入していただくことになります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、BIGLOBE LTEなら他のMVNOと比べて、非常に多くの端末を取り揃えていますので、きっとお好みの1台が見つかることと思います。タブレットも8インチから10インチまでのモデルを用意しており、用途に合わせた機種選択が可能になっています。

高速通信量の翌月繰越し対応してます。

それぞれのプランによってデータ通信量は異なりますが、どのプランを選んでいても、常に容量の限界まで使いきれるとは限らずに余ってしまうということもありうるでしょう。
しかしBIGLOBE SIMであれば、このような場合にも、余った容量を翌月に上乗せして使用できます。MVNOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、BIGLOBE LTEであれば無駄なく利用することが出来ます。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

通話料が半額なのに、番号通知できるBIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEでのサービス「BIGLOBEでんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、こちらの電話番号が発信先にきちんと通知されます。当然といえば当然ですが、通知される番号は普段お使いのものです。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。IP電話ですと非通知設定での発信しかできなかったり、050から始まる番号が受け手側に通知されたり、そのため、使い勝手の良さはBIGLOBEでんわの方が優秀と言えるのです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

3分通話し放題

ドコモ・AU・Softbankなどは、カケホーダイプランがあるのに対し、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。今回、BIGLOBE LTEでは、月々650円ので国内通話が3分間、回数制限なしで無料になるという新サービスがはじまりました。このプランの電話回線はIP電話ではないので、通話相手に発信元の電話番号を通知できるのはBIGLOBEでんわと変わりませんし、3分かけ放題を利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。BIGLOBEでんわをご利用ならば、通話料金は1分間約22円ですので、1ヶ月で33分以上通話を利用する人にとってはお得になるプランです。

650円で1,200円分が無料になる””通話パック””

「3分かけ放題」とは別に、BIGLOBE SIMではそれと同料金で、オプションで「通話パック60」での利用も可能です。月額650円で1,200円分の無料通話がついてくるお得なサービス。そして、3分以上通話することはほとんどない!という人には、「3分かけ放題」が圧倒的におすすめですけど、たまに少し長電話しちゃう!という人なら、こちらの通話パック60の方がお得でおすすめのオプションになります!みなさん、自分のスマホの使い方に合わせた通話オプションを選択しましょう。

初月は無料

SIMをBIGLOBE SIMで契約をすると、契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。 ”

BIGLOBE SIMの月額料金と解約

BIGLOBE LTEの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。現在あなたが使用している携帯の契約料と比べて、どれだけ安くなるのか、検討しながら読んでいただけたら嬉しいです!これから、BIGLOBE LTEのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

BIGLOBE LTEの月額プランと初期費用

BIGLOBE LTEの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。BIGLOBE LTEで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

BIGLOBE SIMの違約金

BIGLOBE SIMの最低利用期間と解約手数料について、ご紹介していきます。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『12ヶ月間』が設定されています。万が一、1年以内に解約するとなると、手数料として8,000円を徴収されることになります。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

BGILOBE LTEのキャンペーン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です