楽天モバイル人気の秘訣は、月額料金の安さと5分かけ放題がキーワード!

楽天モバイル料金と解約

楽天モバイルをご検討中の方にご利用料金と初めにかかる費用についてご案内申し上げます。現在の携帯電話代に比べて、どちらの料金プランがお得なのかを考えながら見ていってください。では、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

楽天モバイルの月額プランと初期費用

楽天モバイルのプランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。音声通話SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

200Kbpsの低速通信のみが使い放題になるベーシックプランと、それ以外のプランだと、LTEという通信速度の高速回線も使えるようになります。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

楽天モバイルの契約縛り

解約縛りと解約違約金について、ご紹介していきます。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。解約手数料は無料なので、安心です。一方、音声通信SIMには、12か月もの契約縛りがあるのです。もし何らかの理由により1年に満たない間に契約を解除する場合は、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

楽天モバイルの特色

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルの料金や解約について、まとめましたので、気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIM・格安スマホ

楽天モバイルが使用している回線はドコモです。ですから通話品質はドコモと同じで、サービスエリアもNTTドコモと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。ドコモのスマホであれば、ほとんどの機種が楽天モバイルで利用することが出来ます。楽天モバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。ドコモのスマホを利用中の方であれば、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

SIMフリースマホが豊富

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、新たに端末を購入することで利用を開始することができます。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。楽天モバイルのデメリットとしては、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。もし楽天カードを持っていなかった場合、端末の代金は契約時に一括で支払わなくてはなりません。とはいえスマホの種類の豊富さは群を抜いておりそこが楽天スマホの大きな魅力とも言えるでしょう。

データ通信量の翌月くりこし

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、その月によっては、使用した容量が少なかったりなどで、余ってしまう月があるのではないでしょうか。この点、楽天モバイルなら、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、これは楽天モバイルの魅力の一つです。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話代がおトクになる、楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。これは、IP電話とは異なり、プレフィックス型通話というもので、発信元の番号がちゃんと相手方に通知されます。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。電話を受ける側には、「楽天でんわ」で発信したか、普通の電話で発信したか区別がつきません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、そのため、使い勝手の良さは楽天でんわの方が優秀と言えるのです。もう一つ嬉しいお知らせですが、楽天でんわを利用した通話料に対しても、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。実は、通話し放題サービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始。

通話し放題プランを選べるのは、大手3キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だけですが、MVNOのほとんどが通話時間によって料金が変わってしまう場合がほとんどです。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。楽天モバイルは月額850円で、さらに一度の通話が5分以内であれば何回でも無料であるというオプションも登場したのです。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、一般電話や楽天でんわと変わることなく発信者番号通知にも対応しており、普通の楽天でんわとかわりなく通話し放題になってしまうのが特徴です。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわの通話料は、1分21.6円のため、1回5分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「5分かけ放題オプション」をおすすめします。

到着した月は無料なのも嬉しい

楽天モバイルでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初月の月額料金が無料になります。なお、月額料金無料!の「始めの1ヶ月」とはSIMカードが届いたその日の月のことです。SIMの入手日によっては、料金がほぼ一か月無料になることもあれば、ほんの数日だけしか無料にならないこともあります。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信回線は、ドコモの4G回線である2259Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。スピードについては、docomoと同じ回線を利用しているので、速度も信頼できます。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

楽天モバイルの3日間制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 規定された容量をオーバーした利用者に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

【終了間近】限定キャンペーン

Umobileの評判と口コミ│Umobileの格安SIM・格安スマホを徹底解剖

Umobileの評判

Umobileといえばコレ、4GLTEが無制限に使える使い放題プランでしょう。LTE回線を利用した高速通信サービスが通信制限、速度制限なしに使えるというdocomoのプランは、他を探してもなかなか見つからないプランです。安い料金で通信量を多く使いたい場合は他社から乗り換える事によって、毎月の利用料金を大きく減らせるのは確実だと言っていいでしょう。

通話SIMなら、毎月もらえるU-NEXTポイント

映画、アニメ、TV番組などの動画コンテンツを配信している人気サイト「U-NEXT」で利用できる、U-NEXTポイントが毎月還元されるのもメリットの一つです。LTE使い放題の2プランだとひと月で400ポイントがもらえ、それ以外のプランであればひと月で600ポイントも受取れます。U-NEXTは300円程度で1作品が見られるので、毎月1?2作品分のポイントがプレゼントされることになります。U-NEXTは国内外問わず、映画やドラマ、アニメやバラエティーなど様々なジャンルを取り扱っています。月に3,000円以下での料金でポイントが400~600ポイント還元されることは、かなりお得なサービスになります。

Umobile速度

格安SIMサービス会社の中でも、Umobileは、 NTTdocomoが提供する225Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。

Umobileの72時間制限

Umobileの場合、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、今までより遅い低速通信がはじまります。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。一般的な使用を前提とするならば、そうそうひっかかる制限ではないですね。UmobileのQ&Aをチェックしましたが、通信制限の対象となる規定量に関する明記はありませんでした。

Umobileって?

格安SIMと格安スマホで高い評価を得ているMVNOの一つ、Umobileは、動画配信サイト「U-NEXT」を運営している株式会社U-NEXTが運営しています。運営会社である株式会社U-NEXTは、2010年に独立してからわずか5年で東証一部に上場、東証一部上場企業ということで安心して利用することができ、若い会社ですが、数あるMVNOの中で上位に入る実力のある企業になっています。サービス特徴は、高速通信使い放題プランがあり、しかもLTE回線です。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。Umobileって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、Umobileのサービス詳細を詳しくまとめましたので、Umobileについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安SIM・格安スマホ!

Umobileとは、USENの一部事業が独立した企業U-NEXTが運営しているスマホサービスのことで、このサービスにはdocomoの回線が使用されています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、また同様に、提供されているサービスの範囲もdocomoと同一となるため、「もしかしたらつながりにくいのではないか」などといった心配もないのです。docomoのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUmobileでも使えます。UmobileでもSIMフリーのスマホを扱っていますので購入も可能です。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、まだまだ決して安いとはいえないスマホ本体の方には予算を振り向けなくて済むというのは、かなりのお得感があると思います。UmobileはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

LTE使い放題プランがある

Umobileは、LTE無制限プランがあるため他社にはない特徴があり、「LTE」を「無制限」で「使い放題」というプランは他のMVNO各社は、まだどこも用意ができていないので、Umobileが一線を画す大きな要因となっています。LTE使い放題プランはお金をかけずに高速で無制限の通信を楽しみたい方にとって、通信制限で速度が遅くなることを気にする必要がないので、よいプランだと言えます。さらに、LTE使い放題でありながら、料金もなんと3,000円以下とかなりの低価格に設定されています。大手の通信キャリアと比べても、非常に低価格となっており、節約志向の方にはぴったりです。毎月ついつい通信量が多めになってしまう人にとっては、本当に助かる料金設定でしょう。日常的に高速通信を必要とされる方は、ぜひ利用を検討していただきたい格安スマホです。LTE使い放題プランが気になる人は今すぐUmobile公式サイトにアクセスしてみて下さい。

即日MNPもOK

UmobileへMNPする時に嬉しいのは、即日MNPに対応していることです。Umobileは「MNP届け出方式」を導入しているため、オンラインで手続きするだけで、電話がつながらない期間がないままでMNPが可能です。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、今では自宅にいながらにして回線を切り替える事が出来るので、即日MNPがどこでも出来るようになりました。携帯が使えなくなる期間が障壁となり、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。やり方としては、新しいSIMカードが?元に届いてから、Umobileの会員専用ページで回線を切り替えるため、ワンクリックするだけです。とても簡単な手続きなので、U-mobileは乗り換えて利用しやすい格安スマホです。

Umobile月額料金と解約について

Umobileの料金や、プラン等の解説を行っていきます。現在のスマートフォン代金と比較して、どの程度の料金を節約することができるのか、考えながら見ていただければ良いと思います。どれだけ節約できるか、Umobileの料金プランを見てみましょう。

Umobileの月額プランと初期費用

Umobileの料金プランは、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの月額費用は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

音声通話のできる音声SIMのLTE使い放題2プランは1年間解約できないという条件がつく代わりに、「LTE使い放題プラン」では2,980円に設定されている毎月の料金が、250円お得になるプランです。

最低利用期間

解約手数料について、説明していきます。UmobileのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも半年間は使用しなければならないことになっています。どうしても解約するまでに6ヶ月も待てないという場合、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は6,000円です。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、7ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

「LTE使い放題2」の解約手数料

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、特殊な、解約制限を設けています。契約後6ヶ月以内に解約の手続きをとった場合、9500円の違約金をお支払い頂くことに7ヶ月~12ヶ月目での解約の場合には、3,500円の解約手数料が発生します。11ヶ月以内に契約されたプランを変更されると、プラン変更の際に3,500円お支払いただくことになります。このようにLTE使い放題2プランについてだけは他プランとは利用条件が異なることは知っておいてください。しかし、違約金などが発生しますが月額料金がその他のプランよりも安く抑える事ができるので、利用期間が1年を越えると、LTE使い放題2プランを選択する事は賢い選択だといえます。

【間もなく終了】キャンペーン!!

IIJmioの格安SIMサービスの料金プランと口コミについて

IIJmio料金

IIJmioの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、通信にかかる料金がどの程度節減できるのか、キャリア選びの参考になれば幸いです。 IIJmioの料金プランを見てみましょう。

IIJmioの料金プラン・初期費用

IIJmioのプランは、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データSIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限について

みおふぉんの最低利用期間と解約手数料に関して、まとめましたので、ご紹介します。最低利用期間の規定は、IIJmioのデータSIMにはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。みおふぉんに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、手数料として9,000円払わなければなりません。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

IIJmioの口コミについて

IIJmioのいいところといえば、やはり、手厚いサポートからくる顧客満足度の高さと古参MVNOとしの信頼と実績にあるでしょう。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、利用者の満足度が高いと考えることが出来ます。電話などサポート面もしっかりしているので、格安SIMや格安スマホを初めて使ってみようと考えている方でも、思い切ってデビューしてみるチャンスではないでしょうか?

手厚いサポートと安定した実効速度が快適!

IIJmioの口コミを見てみると、安定感のある通信速度と、手厚いサポート体制が好評のようです。「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に行った満足度調査では、最も優秀なMVNOとして評価されています。そのためIIJmioは格安スマホを選ぶ時におすすめのMVNOの一つになるでしょう。現在あるMVNOの中でも、老舗としてのブラント力が強いMVNOであると言えます。口コミやネットの評判も上々な格安スマホですから、格安SIMへの変更をご検討中の方には、選択肢のひとつとして考慮することが出来るMVNOです。

IIJmioの回線速度

いろいろなMVNOがありますが、その中でもIIJmioは、ドコモの225mbpsのLTE回線を利用していることです。対応エリアが広く、回線の信頼性が高いので安心できるサービスです。通信速度についても高速で、かつ非常に高い安定性があり、ネットなどではユーザーからの評判なども、肯定的な意見が多く見受けられました。実効速度の速い格安スマホで極力安いものをお探しの方に、IIJmioが一番しっくりくるMVNOなのではないでしょうか。

IIJmioの帯域制御

IIJmioでは、低速通信のみを対象として、直前の72時間における通信データ量を基準とした速度制限が実施されることがあります。それに対して最近の三日間で使った高速通信で使った通信量が多かった場合は、通信速度が制限されることはありません。契約者が同じ条件で利用できるよう、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、今までより遅い低速通信がはじまります。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。

IIJmioのチェックすべき項目

株式会社インターネットイニシアティブが出している格安SIMと格安スマホ「みおふぉん」についてみてみましょう。当社は、格安SIMのパイオニアであり、格安SIMが出た当時の利用者でしたら、IIJmioというサービスを知っているでしょう。格安SIMアワード2015では、最優秀賞の栄冠を手に入れました!その大きな理由として、ブランドイメージ・充実した顧客サポートが評価されています。さて、いきましょう!IIJmioの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、どうぞ楽しんで♪

docomo回線の激安なスマホ

IIJmioはdocomoと同じ回線を使用しています。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、電波の入るエリアや繋がりやすさという面も何の問題もありません。docomoのスマホであれば、新たに機種を購入することなくIIJmioでも使えます。IIJmioが提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。docomoのスマホを使うのであれば、SIMカードだけ購入すればいいので、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。IIJmioは、今お使いのdocomoの通信環境のままで安心してご利用いただける、格安でお得なサービスです。

初速バーストで低速時もより快適な通信

高速通信が魅力のIIJmioには、バーストモードという特殊機能を提供しています。バースト機能とは何なのか分からない方にご説明します。バースト機能とは、制限がかかり低速通信となっている時にでも、最初の1~3秒間だけ通信速度を高速に切り替えることで、ウェブサイトの読み込みやメールの送受信の速度が向上できる機能です。そのため、低速通信の時でも表示される速度が上がるので、ある調査では大手検索サイトのページが表示されるまで、5秒以上の差がついたという報告があるほどですから、たとえ低速通信を使っていても、快適に利用することができるので、バースト機能はとても便利な機能です。現在MVNOの中でバースト機能を提供しているのは、IIJmioとDMMモバイルだけとなっています。

あまったデータ通信量の繰り越し対応

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、あまり通信しない月も場合もあるので、その様な月は多めに残ってしまう場合もある事でしょう。ところがIIJmioの場合は、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、この翌月繰越は、多くのユーザーがIIJmioを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。繰り越しができるので、通信データ量を無駄にすることが減って格安スマホの使いでが向上しますね。

IIJmioなら、10枚まで追加可能!

IIJmio(アイアイジェイミオ)のファミリーシェアプランなら、SIMカードは、10枚を限度に追加することができます。家族で10人分、IIJmioへ乗り換えると、みんなで使えば、断然お得なんです。家族みんなの携帯代金の合計を考えると、家族全員分となると、お得度MAXですね。家族全体で料金を見直すならば、格安スマホが話題になっている今だからこそチャンスといえます。サポート体制が充実しているllJmioですので、初心者の方にも安心です。子どもにスマホを使わせる場合でも、みまもりパックをオプションでつけることで安心できます。

【今月開催中】キャンペーン