楽天モバイル人気の秘訣は、月額料金の安さと5分かけ放題がキーワード!

楽天モバイル料金と解約

楽天モバイルをご検討中の方にご利用料金と初めにかかる費用についてご案内申し上げます。現在の携帯電話代に比べて、どちらの料金プランがお得なのかを考えながら見ていってください。では、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

楽天モバイルの月額プランと初期費用

楽天モバイルのプランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。音声通話SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

200Kbpsの低速通信のみが使い放題になるベーシックプランと、それ以外のプランだと、LTEという通信速度の高速回線も使えるようになります。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

楽天モバイルの契約縛り

解約縛りと解約違約金について、ご紹介していきます。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。解約手数料は無料なので、安心です。一方、音声通信SIMには、12か月もの契約縛りがあるのです。もし何らかの理由により1年に満たない間に契約を解除する場合は、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

楽天モバイルの特色

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルの料金や解約について、まとめましたので、気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIM・格安スマホ

楽天モバイルが使用している回線はドコモです。ですから通話品質はドコモと同じで、サービスエリアもNTTドコモと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。ドコモのスマホであれば、ほとんどの機種が楽天モバイルで利用することが出来ます。楽天モバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。ドコモのスマホを利用中の方であれば、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

SIMフリースマホが豊富

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、新たに端末を購入することで利用を開始することができます。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。楽天モバイルのデメリットとしては、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。もし楽天カードを持っていなかった場合、端末の代金は契約時に一括で支払わなくてはなりません。とはいえスマホの種類の豊富さは群を抜いておりそこが楽天スマホの大きな魅力とも言えるでしょう。

データ通信量の翌月くりこし

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、その月によっては、使用した容量が少なかったりなどで、余ってしまう月があるのではないでしょうか。この点、楽天モバイルなら、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、これは楽天モバイルの魅力の一つです。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話代がおトクになる、楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。これは、IP電話とは異なり、プレフィックス型通話というもので、発信元の番号がちゃんと相手方に通知されます。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。電話を受ける側には、「楽天でんわ」で発信したか、普通の電話で発信したか区別がつきません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、そのため、使い勝手の良さは楽天でんわの方が優秀と言えるのです。もう一つ嬉しいお知らせですが、楽天でんわを利用した通話料に対しても、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。実は、通話し放題サービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始。

通話し放題プランを選べるのは、大手3キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だけですが、MVNOのほとんどが通話時間によって料金が変わってしまう場合がほとんどです。利用料金の安さが売りのMVNOの格安スマホであっても、通話する回数が多いので心配だという方でも安心なサービスがあるのです。楽天モバイルは月額850円で、さらに一度の通話が5分以内であれば何回でも無料であるというオプションも登場したのです。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、一般電話や楽天でんわと変わることなく発信者番号通知にも対応しており、普通の楽天でんわとかわりなく通話し放題になってしまうのが特徴です。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわの通話料は、1分21.6円のため、1回5分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「5分かけ放題オプション」をおすすめします。

到着した月は無料なのも嬉しい

楽天モバイルでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初月の月額料金が無料になります。なお、月額料金無料!の「始めの1ヶ月」とはSIMカードが届いたその日の月のことです。SIMの入手日によっては、料金がほぼ一か月無料になることもあれば、ほんの数日だけしか無料にならないこともあります。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信回線は、ドコモの4G回線である2259Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。スピードについては、docomoと同じ回線を利用しているので、速度も信頼できます。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

楽天モバイルの3日間制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 規定された容量をオーバーした利用者に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

【終了間近】限定キャンペーン

UQモバイルの料金・解約・その他費用・速度・評判の総まとめ

UQモバイル月額プランと解約について

UQモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、読んで頂ければと思います。どれだけ安くなるのか、UQモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランは、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQモバイルの解約手数料について

UQモバイルの最低利用期間と解約手数料について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、9500円の解約手数料が必要になります。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

UQモバイル評判

UQモバイルでいちばん優れている点は何かというと、ずばり、通信速度の速さが最大の魅力です。ネットの口コミなどでも、速度に関しての書込みが多く、確かに、料金プランを選ぶ際の充実度が低かったり、月額料金は他社で安いところもありますが、それらを加味したとしても、魅力的な格安SIMだろうと言えます。格安スマホを選ぶ上で大きなウエイトを占めています。

快適すぎるスピード

au回線を利用したMVNOのUQモバイルは、安さが売りでもあることはもちろんですが最大の強みは、抜群の通信速度です!私がこれまで利用してきた複数のMVNOと比べても、高速通信がきちんと安定しているので、UQモバイルのSIMを最も多く利用しています。知り合いの間で、「MVNOの中で高速通信という面で一番おススメなのは?」と聞かれたら、まずUQモバイルを利用することをオススメします。他のMVNOよりも月額料金が多少高くなりますが、ストレスなく高速通信を利用できることを考えれば間違いなくUQモバイル一択だと思います。

UQmobileの気になるポイント

UQモバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、AUの回線を利用しています。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。毎月の利用料金が1,680円と格安なスマホは高い注目を集めています。UQモバイルの特徴はAUと同じ回線を使っているという点で、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもAUのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。UQモバイルの場合、テザリングが無料で使える点も大きなメリットの一つと言えるでしょう。UQモバイル?という方の為に、UQモバイルの詳細をまとめさせて頂きましたので、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

AUネットワークを使った格安SIM・格安スマホ

通信費用がお得なことで有名なUQモバイルですが、その特長はAUの回線を使っているところにあります。そのため、通話品質もAUと変わらず、AU回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。UQモバイルの凄さは、AUのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。AUのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、また新たに機種を購入する必要もありません。UQモバイルを一言でまとめると、AU回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

VoLTE(ボルテ)プランがある

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、UQモバイルです。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、最新の通話方式のことを言います。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。このVoLTEは、なんと50Hz~7kHzまでの音が拾えるのです。要するに、今までよりも高音質な通話が可能になったということです。これがUQモバイルの魅力でもある、VoLTEというものです。

データ容量繰越しに対応している

UQモバイルにつては、データ使用量を翌月に繰り越せるので、月によってはデータ容量が異なる場合でも、容量を気にせずに利用できるのは、とっても大きなポイントです。またUQモバイルには、ターボ機能というものがあり、高速や低速の二種類の通信速度を変更することができます。データ通信量を無駄に消費しないように節約できる便利な機能です。

UQモバイルの通信速度について

様々なMVNOの中でも、UQモバイルは、通信速度が速いという特徴が知られています。このことは格安SIMアワード2015の結果でもわかるとおり、通信速度部門の最優秀賞はUQモバイルでした。通信速度を重視するのであれば、なんといってもUQモバイルがイチオシです。将来的にMVNOや格安スマホなどのサービスが、だんだん広がっていくことが予想されます。

UQモバイルの帯域制御

UQモバイルの場合、利用者が平等に快適に利用できるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、設定容量を超えたユーザーには、決められた速度制限が課せられるのです。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。UQモバイルの場合、料金プランごとの規定値は規定されていないようで、全プランで直近3日間で1GBが規定値となっています。

間もなく締切のキャンペーン

mineoの速度や評判・料金について調べました。人気MVNOの実力やいかに。

mineoのインターネット速度に関して

mineoの通信速度について回線プランを基に、解説していきます。ドコモプランは最大225MbpsのLTE回線でauですと、225MbpsのLTE回線です。サイトの口コミなどでも話題になっていますが混雑している時間帯は、キャリア契約の回線の方が通信速度においては優れています。混雑する時間帯でも安定した通信速度を望む方にとっては、キャリア契約が万全策だと思います。月額料金が断然安い分、速度が遅い場合があることを差し引いても、とてもいいサービスなのかと思います。

mineo AU回線プランにおける帯域制限に関して

mineoの場合、ユーザーが平等に使えるように、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。mineoでは、各契約プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、すべてのプランで、直近3日間で1GBが規定値となっています。

mineo Dプランの通信制限0

mineoのDプランにおいては、その日までの3日間の通信量によっての通信制限はありません。データの使用量は、日々変わりやすいものですので、AU回線プランを選ぶよりdocomo回線プランの方が、直近3日間の制限を受けることなく利用できます。料金プランのメリット・デメリットを見極めて比較検討してみてください。

mineo月額料金と解約

月々の料金や通信速度など、mineoの概要について説明します。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、どれだけ通信費が抑えられるか、ぜひ読んでみてください。ということで、月額プランを見てみましょう。

mineoの料金

mineoの月額費用は、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

解約縛り

mineoのMNP転出の手数料、契約する前に、把握しておいてください。mineoには最低利用期間が設定されていないため、解約清算金を撤廃しました。大手キャリアしか使ったことがなく、不安という方でも、色々と試す事ができるので、MVNOにおいては強力な特色といえるでしょう。解約には手数料は不要ですが、MNP転出をする場合には(12ヶ月以内)手数料として12,420円を請求されます。音声SIMをお使いになる場合は、このことだけ注意しておいてください。

mineoって?

MVNOのモバイル通信サービスを提供しているmineoは、キャリアをdocomoかAUどちらかを選ぶ事が出来るMVNOです。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。月額1,310円という圧倒的な安さで人気を博しています。しかもこのmineoは国内大手キャリア2社と提携している国内初のマルチキャリアMVNOで、AUとdocomoの回線プランから選べることでかなり注目を集めています。docomoやAUと音声品質や使えるエリアが同じなので、信頼できますね。mineoって何?という方の為にも、mineoのすべてを網羅したつもりです。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoとdocomo・AU回線網を使ったMVNO

マルチキャリアのmineoは、docomo回線とAU回線を利用した格安スマホサービスです。通話品質もキャリア同様ですし、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。docomo、AUのスマホであれば、回線契約がdocomo、AUのためそのまま使用出来、新しいスマホを買い直さなければならないということもないのです。高いスマホを購入するお金や手間も要らないので、お手軽に乗り換えができるのは嬉しい所ですね。もちろんmineoで販売されている格安スマホを支払い分割で購入して利用する事も出来ます。docomoとauと同じ回線が安く使え、月々の利用料金も安く済むのは嬉しいかぎりです。2つのプランで値段が少し異なるので、どちらがお得になるか考えながら検討してみてくださいね。

VoLTE対応!

今話題のVoLTE対応プランは、mineoが有名です。VoLTEとは、今までの音声通話よりも聴き取りやすい高音質な通話が可能になった、新しく革新的な通話内容です。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。このVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになっています。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。VoLTE対応を採用したmineoは、利用者にとってさらに魅力的なものとなりました。

データ量繰り越しができる!

mineoでは、パケットの通信量を次の月に繰り越すことも可能なので、月々で使用するモバイルデータ通信料が変化する方でも、無駄なく使えるというのは魅力の一つです。

mineoアプリでデータ量を節約

さらに、mineoでは、mineoスイッチとよばれるものがあり、通信速度を、高速と低速に任意で切り替えることも出来ます。データ量の節約ができる機能なので、とても便利で使える機能です。 Free Wi-Fiとmineoスイッチをうまく使うことで、通信料を抑えられるので、mineo内で用意しているより安いプランで済ます事も出来ます。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

いま開催中のキャンペーン