Umobileの評判と口コミ│Umobileの格安SIM・格安スマホを徹底解剖

Umobileの評判

Umobileといえばコレ、4GLTEが無制限に使える使い放題プランでしょう。LTE回線を利用した高速通信サービスが通信制限、速度制限なしに使えるというdocomoのプランは、他を探してもなかなか見つからないプランです。安い料金で通信量を多く使いたい場合は他社から乗り換える事によって、毎月の利用料金を大きく減らせるのは確実だと言っていいでしょう。

通話SIMなら、毎月もらえるU-NEXTポイント

映画、アニメ、TV番組などの動画コンテンツを配信している人気サイト「U-NEXT」で利用できる、U-NEXTポイントが毎月還元されるのもメリットの一つです。LTE使い放題の2プランだとひと月で400ポイントがもらえ、それ以外のプランであればひと月で600ポイントも受取れます。U-NEXTは300円程度で1作品が見られるので、毎月1?2作品分のポイントがプレゼントされることになります。U-NEXTは国内外問わず、映画やドラマ、アニメやバラエティーなど様々なジャンルを取り扱っています。月に3,000円以下での料金でポイントが400~600ポイント還元されることは、かなりお得なサービスになります。

Umobile速度

格安SIMサービス会社の中でも、Umobileは、 NTTdocomoが提供する225Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。

Umobileの72時間制限

Umobileの場合、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、今までより遅い低速通信がはじまります。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。一般的な使用を前提とするならば、そうそうひっかかる制限ではないですね。UmobileのQ&Aをチェックしましたが、通信制限の対象となる規定量に関する明記はありませんでした。

Umobileって?

格安SIMと格安スマホで高い評価を得ているMVNOの一つ、Umobileは、動画配信サイト「U-NEXT」を運営している株式会社U-NEXTが運営しています。運営会社である株式会社U-NEXTは、2010年に独立してからわずか5年で東証一部に上場、東証一部上場企業ということで安心して利用することができ、若い会社ですが、数あるMVNOの中で上位に入る実力のある企業になっています。サービス特徴は、高速通信使い放題プランがあり、しかもLTE回線です。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。Umobileって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、Umobileのサービス詳細を詳しくまとめましたので、Umobileについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安SIM・格安スマホ!

Umobileとは、USENの一部事業が独立した企業U-NEXTが運営しているスマホサービスのことで、このサービスにはdocomoの回線が使用されています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、また同様に、提供されているサービスの範囲もdocomoと同一となるため、「もしかしたらつながりにくいのではないか」などといった心配もないのです。docomoのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUmobileでも使えます。UmobileでもSIMフリーのスマホを扱っていますので購入も可能です。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、まだまだ決して安いとはいえないスマホ本体の方には予算を振り向けなくて済むというのは、かなりのお得感があると思います。UmobileはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

LTE使い放題プランがある

Umobileは、LTE無制限プランがあるため他社にはない特徴があり、「LTE」を「無制限」で「使い放題」というプランは他のMVNO各社は、まだどこも用意ができていないので、Umobileが一線を画す大きな要因となっています。LTE使い放題プランはお金をかけずに高速で無制限の通信を楽しみたい方にとって、通信制限で速度が遅くなることを気にする必要がないので、よいプランだと言えます。さらに、LTE使い放題でありながら、料金もなんと3,000円以下とかなりの低価格に設定されています。大手の通信キャリアと比べても、非常に低価格となっており、節約志向の方にはぴったりです。毎月ついつい通信量が多めになってしまう人にとっては、本当に助かる料金設定でしょう。日常的に高速通信を必要とされる方は、ぜひ利用を検討していただきたい格安スマホです。LTE使い放題プランが気になる人は今すぐUmobile公式サイトにアクセスしてみて下さい。

即日MNPもOK

UmobileへMNPする時に嬉しいのは、即日MNPに対応していることです。Umobileは「MNP届け出方式」を導入しているため、オンラインで手続きするだけで、電話がつながらない期間がないままでMNPが可能です。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、今では自宅にいながらにして回線を切り替える事が出来るので、即日MNPがどこでも出来るようになりました。携帯が使えなくなる期間が障壁となり、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。やり方としては、新しいSIMカードが?元に届いてから、Umobileの会員専用ページで回線を切り替えるため、ワンクリックするだけです。とても簡単な手続きなので、U-mobileは乗り換えて利用しやすい格安スマホです。

Umobile月額料金と解約について

Umobileの料金や、プラン等の解説を行っていきます。現在のスマートフォン代金と比較して、どの程度の料金を節約することができるのか、考えながら見ていただければ良いと思います。どれだけ節約できるか、Umobileの料金プランを見てみましょう。

Umobileの月額プランと初期費用

Umobileの料金プランは、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの月額費用は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

音声通話のできる音声SIMのLTE使い放題2プランは1年間解約できないという条件がつく代わりに、「LTE使い放題プラン」では2,980円に設定されている毎月の料金が、250円お得になるプランです。

最低利用期間

解約手数料について、説明していきます。UmobileのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも半年間は使用しなければならないことになっています。どうしても解約するまでに6ヶ月も待てないという場合、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は6,000円です。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、7ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

「LTE使い放題2」の解約手数料

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、特殊な、解約制限を設けています。契約後6ヶ月以内に解約の手続きをとった場合、9500円の違約金をお支払い頂くことに7ヶ月~12ヶ月目での解約の場合には、3,500円の解約手数料が発生します。11ヶ月以内に契約されたプランを変更されると、プラン変更の際に3,500円お支払いただくことになります。このようにLTE使い放題2プランについてだけは他プランとは利用条件が異なることは知っておいてください。しかし、違約金などが発生しますが月額料金がその他のプランよりも安く抑える事ができるので、利用期間が1年を越えると、LTE使い放題2プランを選択する事は賢い選択だといえます。

【間もなく終了】キャンペーン!!

業界最安値の格安スマホ「DMMモバイル」を徹底解剖

DMMモバイル月額料金と解約について

DMMモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在お使いの携帯料金と比べながら、通信費がどれだけ安く抑えられるか、これを読んでわかってもらえたらな。と思っています。 料金プランを見ていきましょう。

DMMmobileの月額プラン

DMMモバイルの料金プランに関しては、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声通話SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円となっています。

データSIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの違約金

DMMモバイルの解約縛りと解約違約金に関して、説明していきます。データSIMについては、利用する期間の縛りはありません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、9,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

DMMモバイル格安SIMの特色まとめ

MVNO各社の中でも知名度、人気抜群のDMMモバイルは、よく知られている動画配信サイトDMM.comにより運営されている格安スマートフォンのためのサービスです。業界最安値のプランがあることが、DMMモバイルの一番の特徴となります。安い月額料金を重視するのであれば、MVNOがお薦めです。また、価格だけでなく通信の速度、安定性も良く、インターネットを毎日も生活の快適な時間を過ごして頂けるます。それでは、早速!DMMモバイルの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、お楽しみ頂ければと思います。

docomoネットワークを使ったMVNO

人気のMVNOである、DMMmobileはdocomo通話回線を利用しています。docomoの回線は業界でも安定した品質を実現しているので、DMMモバイルも安心して使用でき、ご使用いただけるサービスエリアもdocomoと同様ですので、日本全国、広範囲でのご利用が可能です。
これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。もし、docomoのスマートフォンを既にお持ちであれば、SIMカードの契約だけで利用を開始することができるので、契約時にスマホ購入のための出費がかさむこともなく嬉しい限りですね。先行企業が提供してきた良好な通信環境をそっくり引き継いだ上で、携帯料金は安くなるというのですから、DMMmobileが選ばれるのも頷けるというものですね。

iPhoneが24回払いで購入できる

DMMモバイルには、iPhoneシリーズの分割払い購入が可能であるという大きな特徴があります。DMMモバイル以外のMVNOでは、主に格安なSIMフリー端末を主力製品として販売しており、iPhoneのような機種での扱いはほとんど扱っていません。そうした格安スマホ各社の中でもDMMモバイルにはセット機種のラインナップに最新のiPhone6もあるということで、MVNOを利用を希望しiPhoneを分割購入したいのであれば、DMMモバイルを選ぶ以外に候補はありません。iPhoneシリーズを購入し、なおかつ格安でスマホを使いたい方には、DMMモバイルが最適といえるでしょう。格安にiPhoneが利用できるだけあって品切れとなることが多いので、販売されていれば、早めに申し込むのが良いと思います。

データ通信量の翌月繰り越し

それぞれのプランによってデータ通信量は異なりますが、あまり通信を利用せず、データ容量がたくさん残ってしまうという月もあるでしょう。しかしDMMモバイルを利用していれば、余ったデータ容量を翌月に繰越て使うことができて、大変助かります。MVNOの中には、残ったデータ容量を翌月に繰り越せないものもあるので、繰り越しができるという点も、DMMモバイルの大きなメリットです。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

即日MNPに対応!

DMMモバイルは、MNP切り替えが即日で可能なので、同一番号を容易に継続して使用できます。MNP届け出方式によりDMMモバイルでは、MNPの届け出をインターネットから行う事で、即日MNPが実現しているのです。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、自宅や旅行先でもMNPによる回線の切替が出来る為、どこにいても即日MNPが可能となっています。サービスが不通になる期間が心配で、乗り換えるかどうか、ためらっていた方にもおすすめできるサービスです。手続きは簡単です。お申し込みの際、届出方式を選択し、SIMカードが届いたら、会員ページの届出方式 開通依頼お手続きページにて開通依頼を行えば完了です。これでMNPの切り替えが完了。格安スマートフォンへの乗り換えが簡単に出来るようになっています。

DMMモバイル契約中、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中は、毎月の利用金額の10%がポイントバックされるという、とても魅力的なキャンペーンが開催されています。このキャンペーンの対象は、月々の基本料金プラス通話料やオプションなどの料金も対象になるので、DMM.comで動画視聴する方には、嬉しいキャンペーンですね!元々業界最安値第一位のDMMモバイルですが、それらに加えて料金の10%が還ってくるので、一番気になる料金面で他とは比べ物にならないほどお得なMVNOだと言えると思います。スマホ代を節約したいと思っている方は、DMMモバイルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

バースト機能採用で、低速通信時も快適

DMMモバイルには、他社にはないバースト機能が備わっています。ここでは、あまり聞き慣れない「バースト機能」について説明をしていきます。通信スピードが低めな状況で、初めに1秒から3秒ほどの間だけ高速で通信することにより、画面に表示されるウェブページの読み込みを向上させることができます。このバースト機能のお陰で、低速通信モードでもWebページが開くまで長時間待たされることがないので、直ぐにサイトが表示されないといったストレスも減らすことが出来る為、ブラウジングがより快適になるので、好評を集めている機能なのです。実は、この機能を提供している業者はまだDMMモバイルとIIJmioしかない模様です。”

回線速度について

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてDMMモバイルは、docomoからLTE回線を借りて、最大225Mbpsの高速通信サービスを提供しています。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。通信速度の安定性が高いようなので、レビューの評価やコメントを見ても、人気に見合った高めの評価が多い様子がうかがえます。速度が速くて安定している格安スマホを望まれる方にとって、DMMモバイルが有力な選択肢になるでしょう。

DMMモバイルでの3日間制限

DMMモバイルは、直近3日間の通信量によって速度制限が掛かるのは、低速通信時だけです。しかし、高速通信利用中のデータ通信量は対象外なので、ご安心ください。誰もが同じように使用できるよう、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、規定された容量をオーバーした利用者に対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。この3日制限は、直近72時間の使用量が下回れば、自動的に制限解除となります。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。

DMMモバイルの評判

DMMモバイルの良いところは、月々の利用料金の安さと安定した通信環境を提供しているからです。月額料金と速度を重視する方には、MVNOを検討する上で最もおすすめ出来るのがDMMモバイルではないでしょうか。インターネット上でも、評判となっている最大の理由は、安くて速いということからなのです。

スピードが速いのがウリ!

DMMモバイルを最近よく耳にするので、安定度の高い高速通信の実行速度に関するものです。通信料も安く、通信性能も高いので、DMMモバイルはすごい人気がでてるそうです。また10%のポイントが還元されることを考え合わせると、価格と通信速度、両方を求める方にとっては、とても素晴らしい格安SIMと言えるでしょう。安定した高速通信とランニングコストの低さから非常にコストパフォーマンスが高いMVNOとなっています。

【今月開催中】キャンペーン